ブログ

平屋建てについて

すべての空間がワンフロアに収まり、毎日の生活において上下移動の必要がない平屋。平屋への注目度が高まっています。いろいろと考える必要があると思います。今回は、平屋について伝えたいと思います。参考にしてください。

平屋住宅

「平屋」の住まいが注目されています。とくに、お子様が独立されて広い家が不要になったシニア世代の方が、建て替えや住み替えの際に平屋を検討されるケースが多いと感じています。平屋の一番のメリットは、生活をワンフロアで完結できる点です。階段の昇り降りが不要になると身体面への負担が軽くなり、転落・転倒の危険も減らせます。また、同じフロアで過ごすことで、お互いの気配が伝わりやすくなります。さらに、どの空間も屋外に面しているために窓を設けやすく、風や光を採り入れやすい点もメリットといえます。気軽に屋外に出やすいのも魅力と言えるでしょう。メリットの多い平屋の住まいですが、一方で必要な床面積を確保するためには広い敷地が必要になることや、外壁や屋根面積が広くなるため同じ床面積の二階建てと比較すると建物価格が高くなりがちという難点もあります。

平屋のメリット&デメリット

平屋のメリット

生活動線や家事動線が効率的 …

家族とコミュニケーションがとりやすい …

構造が安定・広いワンフロアも実現可能 …

メンテナンス費用を抑えやすい …

階段がなくバリアフリー …

平屋のデメリット

広い敷地が必要 …

坪単価が高くなりやすい

平屋のメリットを活かしつつ、ゆとりのある空間を生みだす方法として「屋根裏部屋」を設ける間取りがおすすめです。屋根裏部屋を居室として利用できれば、プラスαの空間として趣味の部屋や客間スペース、また、生活時間帯が異なる成人したお子様の部屋としても活用できます。ただし、屋根裏部屋を設けるときには、屋根の勾配に十分な配慮が必要です。屋根の勾配がゆるいと、屋根裏部屋の天井高が十分に確保できないため、居室としてではなく、小屋裏収納やロフトスペースとして使用することになるからです。急勾配の屋根にすれば、屋根裏部屋の天井が必然的に高くなるので、居室として問題なく活用できる空間をつくることができます。

さらに、快適な屋根裏部屋をつくるためには、屋根の断熱がとても重要になります。屋根裏部屋というと「夏は暑くて部屋にいられないのでは?」と考える方は多いでしょう。一般的な住宅は最上階の天井部分で断熱しているため、その上になる屋根裏空間は太陽光を受けた屋根の熱が直接伝わり、蒸しかえるように暑い空間になります。ここを快適に過ごせる空間にするには、屋根部分できちんと断熱し、日射熱を緩和することが重要なのです。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031