ブログ

エアコンから悪臭が発生する原因

エアコンのスイッチを入れたとき、風とともに嫌な臭いが部屋中に広がったことがよくあります。エアコンが臭いと感じるときは、エアコン内にカビが生えている可能性があります。そのままにしてエアコンを付けるとカビの胞子を部屋中に撒き散らすことになります。エアコンの気になるニオイの原因や解消するためのお掃除方法などをお伝え為たいと思います。参考にしてください。

エアコンから悪臭が発生する原因

エアコンは空気を吸い込んで吐き出すという仕組みで動いています。空気を吸い込むときにホコリや汚れも一緒に吸い込んでしまいます。その汚れがエアコン内部を通り、空気を吐き出すときに嫌なニオイがしてしまうのです。カビ、タバコ、台所の油煙、食べ物のニオイ、人の汗やペットのニオイなども嫌なニオイの原因になります。キッチン近くでは、料理をするときに出る油を含んだ水蒸気を循環してしまうためです。換気扇のフィルターに油汚れが付きますが、エアコンも同時に運転していると考えるとよくわかります。油汚れの一部がエアコンのフィルターや熱交換器に付いてしまうのです。

冷房や除湿運転中にエアコン内で使われる水とホコリが結びついて、カビが発生することもあります。タバコを吸わないのに嫌なニオイがする場合は、エアコン内部のカビが原因という場合が多いです。エアコンの汚れやカビを放置していると、不快な悪臭がするだけでなく、色々な問題に結びつきます。

冷房暖房効果の低下

運転効果の悪化

電気の無駄遣い

水漏れなどのトラブル

エアコン掃除で用意する物

掃除機

中性洗剤

タオル

使わなくなった歯ブラシ

ホコリが舞い散ることを防ぐため、まずはフィルターが取り付けられている状態で、フィルター表面に付いているホコリを掃除機で吸い取ります。フィルターに掃除機をかけるときは、細いノズルやブラシのアタッチメントを使って吸引パワーを弱めにして、丁寧にホコリを吸い取ります。このとき、必ずフィルターの外側から吸いましょう。先に内側を吸ってしまうと、ホコリが目詰まりを起こすことがあります。フィルターをゆっくり外しますが、無理矢理力づくで外すと本体やフィルターが破損してしまうこともあるので、外し方が分からないときは、必ず取扱説明書で確認しましょう。フィルターはロックされている部分を外し、本体の溝に沿ってスライドするタイプが多いです。中性洗剤を薄めた液体を入れたバケツにフィルターを浸けて、使わなくなった歯ブラシなどで洗い、シャワーを当ててすすぎます。今度は掃除機と反対に、内側から外側という順番で洗うと、ホコリが取れやすくなります。すすぎ終わったら、布で挟んで水切りをします。フィルターを日陰干しして乾いたら、元に戻します。フィルターは、最低でも1ヶ月に1回程度を目安にお掃除すると良いでしょう。

吹き出し口をきれいにする

エアコンのフィルターをキレイにしても、吹き出し口が汚いと部屋中に汚れた空気が流れてしまいます。そのため、吹き出し口のルーバー(風向きをコントロールする羽)もお掃除が必要です。

掃除中に本体のスイッチに触れると電源が入って危険なため、お掃除を始める前には、必ずエアコンのコンセントを抜いてください。吹き出し口をお掃除するために前面パネルを大きく開けて、吹き出し口のルーバーを手で回します。人手があれば支えてもらって外しても良いですが、1人の場合は高い場所では無理しないようにしましょう。薄めた中性洗剤をタオルに浸み込ませたら、指に巻き付け、汚れを拭き取ります。もし指が入らない場合は、代わりに定規や割りばしなど、細くて頑丈なものを使ってお掃除します。洗剤が残らないよう水拭きをして仕上げ、最後に30分程度の送風運転を行って確実に乾かしましょう。

嫌なにおいをつきにくくするポイント

エアコンは日頃からちょっとしたことに気を付けるだけで、次回のお掃除が楽になります。エアコンをキレイにお掃除した後に実行したい、ニオイや汚れを付きにくくする裏ワザをご紹介いたします。

送風運転をこまめにする

冷房を切った後は2時間程度、送風運転してエアコン内部を乾燥させると、カビ予防になり悪臭を防ぐことができます。送風機能が無い場合は、設定温度を一番高くしてつけておくことで、送風機能の代用になります。エアコンを使っていない期間も、月に1回送風運転を行って湿気を飛ばしておくと、カビの発生を予防することができます。

エアコンをかけ始め10分は窓を開ける

エアコンをつけて最初の10分程は、窓を開けて部屋の換気を行います。エアコンをつけた直後は最もカビが吹き出しやすいタイミングなので換気が必要です。部屋の空気を入れ替えて、カビを部屋の外へ追い出しましょう。

こまめに換気をする

エアコンは構造上、部屋の空気を吸い込みます。そのため、部屋自体のニオイやホコリを減らすことに加え、生活臭を取り込ませないために部屋の窓をこまめに開けて換気することが、エアコンのニオイ防止に繋がります。

エアコン洗浄スプレーを利用する

エアコン掃除用に販売されているエアコン洗浄スプレーは、使い方に気を付けましょう。洗浄剤がエアコン内部に残ってしまうと、ニオイの原因であるカビを余計に増やすことがあります。さらに、エアコン内部にホコリが溜まっていると水漏れを起こす場合もあるので、注意が必要です。

また、エアコン洗浄スプレーは電装部分に吹きかけてしまうと、故障の原因になります。スプレーが電装部分にかからないよう、スプレーの出具合を一度テストしてから使いましょう。

 

関連記事一覧

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31