ブログ

快適な住空間をつくるには

過ごしやすい部屋には、自然と家族みんなが集まりますね。ゆったりとくつろげて、会話も弾む…… そんなお部屋作りが理想ですね。家具の選択や配置場所、すっきりとした部屋にしたいなど考えながらお部屋を整理する必要があります。快適な空間づくりについて伝えたいと思います。参考にしてみてください。

共用スペースは開放感と癒やしを大切に

リビングは、家族や友人が集まる憩いの場所。家族みんながリラックスできて、羽を伸ばせるような空間作りをしたいですね。家族みんなが理想とするリビングはどのようなものか家族で話し合ってみましょう。

背もたれの低いソファーベンチを選ぶ

ソファベンチは背もたれが低く圧迫感を感じさせません。ソファベンチは、空間をより広く見せてくれる効果があります。おしゃれなクッションやすてきなカラーのソファーカバーなどで素敵にレイアウトを変えることも可能ですね。いろんな方向から座れて、人が集まる場にはフレキシブルにインテリアを楽しめます。おしゃれなお部屋作りも小物を工夫することで実現できます。

リビングベッドで最上級のくつろぎ

お部屋を広くしたり来客が多い場合には、ソファベットを設置し、リビングにソファベッドを採用。リビングをより快適に癒しの場にするには、リビングベッドという選択でも良いし、来客の寝室としても利用できます。リラクゼーションスペースになってくれます。壁ぎわに配置すれば、お部屋を広く使うことができますね。

ソファーを置かないリビング

「リビングにはソファを」と考えてしまいますが、ソファを置かないという選択も。お部屋が広く有効利用できます。ラグだけの配置で、広々としたリビングが手に入ります。ゆっくりゆったりと心穏やかな暮らしである。スローライフにも通じるところがあります。憧れますよね

人のぬくもりや存在感を感じられるダイニング

リビングに続いて、過ごす時間の長いダイニング。リビングやキッチンとのつながりを大切にレイアウトにしたい場所ですね。「集いの場」であるダイニング風景にしたいですね。

ダイニングテーブルはキッチン横に

キッチン横にダイニングテーブルが設置すると、食事の支度や片づけを、わざわざ回り込むことなくスムーズにできるレイアウトです。この置き方なら、有効スペースがたくさん取れてお部屋の開放感にもつながり、いいことづくめです。

ラウンドテーブルでみんなと身近に

ダイニングスペースの中央に置かれたテーブル。ラウンド型をチョイスされています。丸い形は、どこに座ってもみんなの顔をまんべんなく見渡すことができるので、大切な人と時間を過ごすときにぴったりの形。大きめなものをチョイスできると、パーティでも活躍してくれますね。

ダイニングソファは壁に沿って並べる

ダイニングにソファを置かれています。壁に沿ってL字型というのがポイントで、ソファの大きさによる圧迫感を感じず、またリビングとのつながりを途切れさせないようにするときに効果的な置き方です。人数もたくさん座れて、ダイニングにいてもリビングまでの視界が開けており、一体感を感じますね。

いろいろなリビングの配置方法があります。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。一棟一棟断熱測定も必ず行っていきます。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31