ブログ

掃除について その2

お家もお掃除のきめ細やかにしたいですね。食品を取り扱うキッチンなどは、念入りにしたいですね。掃除についた今回は伝いたいと思います。参考にしてくださいね。

汚部屋から卒業するために

ほこり対策

家具などに溜まるホコリは、静電気が原因です。そのため、ホコリを取り除くには静電気を抑えることが必須です。ホコリ掃除の簡単な方法をご紹介します。用意するものは、フローリング掃除用のドライタイプのシート、雑巾数枚、バケツ、衣料用の柔軟剤かリンスです。水1リットルに対して5mlの柔軟剤かリンスを混ぜます。柔軟剤やリンスには静電気を防止する成分が入っているので、拭いた箇所の表面には軽いコーティング効果が生まれ、ホコリが付きにくくなります。手順としては、まずドライタイプのシートで表面のホコリを拭きます。その後、柔軟剤を溶かした水に雑巾を浸し、固く絞ってから水拭きします。仕上げは、乾いたタオルか雑巾で乾拭きします。表面がツルツルしていることを、手で触って確認してください。

べたつく汚れ対策

キッチンの床は、調理中の油が飛んで固まってしまい、ベタベタすることがあります。キッチン用の洗浄剤もありますが、キッチンで洗浄剤を使いたくない人には、重曹がオススメです。重曹は、油汚れに大変効果があります。用意するものは、重曹とバケツと雑巾です。1リットルのぬるま湯に大さじ2杯の重曹を入れた重曹水を作ります。べたつく汚れがあるところを重曹水で拭いた後、水拭きをして最後に乾拭きをします。

きれいな部屋を維持する方法

物の置き場を定位置に決めるすっきり片付いた部屋にするためには、物の定位置を決めることが大事です。その位置で何をするのか、その場所には何があると便利なのかを考えます。そこに置ける容量は決まっているので、容量をはみ出さないように置く物を決めていきます。定位置に置くことで、必要なときにさっと取り出すことができるので、探す時間を減らせます。

物を増やさない

すっきりした暮らしを続けるためには、物を増やさないことが大切です。本当に必要になるまで買わない、買い物に行く回数を減らす(インターネット通販で購入する回数も含めて)、買った物をどんな風に使ったのか、きちんと使い切れたのかを検証するなど、家に入ってくる物の管理をしっかり行うようにします。

こまめな掃除をする

汚れは溜めてしまうと、落としにくくなります。汚れが付いたときにすぐ取れば、それほど大きな労力は必要ありません。最近は、ウエットシートタイプの使い捨てお掃除クロスもよく売っていますね。それらのお手軽お掃除グッズをすぐ手近に置いておき、気付いたときにこまめにお掃除をするようにしましょう。何かをしながらの「ながら掃除」もオススメ。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。一棟一棟断熱測定も必ず行っていきます。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

 

ご連絡はこちらから

 

関連記事一覧

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31