ブログ

生活動線について

注文住宅の間取りを考える際には、生活設備、収納、部屋数、動線などいろいろな空間をイメージすることをおすすめします。吹き抜けや天窓、パティオ、ビルトインガレージなど、こだわりたい部分や家の特徴をしっかり考えましょう。動線・収納量・音の問題・視線・採光・景観・風通し・外観・コンセント・安全性と利便性などポイントを明確して間取りを考えると生活しやすい便利な間取りになるでしょう。間取りについて考えていきたいと思います。

動線

家族一人ひとりの起床から外出するまでの生活動線を考えて間取りに置き換えることがいいでしょう。また帰宅してからの動線などはどのように行動するか。家事の動線など、間取り図を見ながらイメージしてみてください。間取り図に家族の動きを書き込んでみるとわかりやすくなります。外出時の荷物やコートを収納するスペース。最近では、コロナ渦なので帰宅後すぐに玄関で手洗いうがいができる場所を設けたいですね。帰宅後の動線上に配置する棚などを設置すると、置きっぱなしで散らかることを防げます。

収納量

注文住宅は収納量は思いのまま増やすことができます。どのくらいの荷物を新居に持ち込むか考えておく必要があります。収納が足りないことや使いにくいということがあるかもしれません。家族の持ち物を具体的に思い浮かべて、収納の広さが足りるか、高さや奥行が使いやすいかどうか検討しましょう。収納するスペースは誰のものをどのくらいと考えて収納しましょう。また、扉をあけると取り出しやすいように身長に合わせて収納棚を設置すると便利です。また、使う頻度が少ない物は、棚の上に収納しましょう。

音の問題

近くに線路や交通量の多い道路があって騒音が気になる場合は、寝室を奥に配置するといった工夫が必要です。間取り図を見ながら、家の中の生活音もイメージしてみることが大切です。リビングの近くにトイレが配置されていたり、寝室の真上や隣に水回りがあると排水音が気になるかもしれません。音の問題では、日中や夜の交通量も確認しておくことも大切です。

視線

道路に面した玄関や近隣の住宅など、扉を開けたときに視線が気にならないかチェック必要です。プライバシーを守るため、外構に目隠しフェンスを建てる対策もあります。来客があった場合に、あまり見られたくないスペースには視線が届かないように設計しておくと安心です。くつろぎたいスペースは、外から家の中の様子が見えにくいほうが落ち着くので、窓を高い位置に配置し細長いスリット窓にするのもおすすめです。

採光

隣接する建物の影になる時間帯を確認し、リビングに明るさがあるかどうかチェックしましょう。
窓の大きさと位置によっても日光の入り方が変わりますし窓の配置の仕方によっても室内に日中の光の侵入割合が変わってきます。西側に窓を配置する場合は西日が眩しく感じないかどうか検討しましょう。

景観

よい景観が得られそうなところがあれば、窓を大きくしバルコニーを作って景観を楽しめるようにするのもオススメ。視界に入れたくない場合は、腰までの高さの窓や細長い窓にするか、外があまり見えない擦りガラスを設置すると落ち着ける空間になります。

風通し

家の中の風通しのよさをチェックし、通風のためには、1つの部屋に2方向に窓を設けるのが基本ですが、フロア全体や上下階でも風が抜けるように設計すると快適です。風通しのため小さい窓でも十分機能します。大きい窓は防犯上の問題から、常に開けておくわけにはいきませんが、小さい窓なら開けておきやすいというメリットもあります。

外観

間取りで建物の形が変わることがあります。1階と2階がともに長方形の同じ形をした「二階建て」はコストが抑えられて構造も安定するというメリットはありますが、外観が単調になりやすい。色や素材の異なる外壁を組み合わせたり、片流れの屋根を採用するだけでも外観のイメージは変わります。窓の形や配置によってもおしゃれな外観をつくることができ、縦長の窓を並べてデザインのアクセントにするのもおすすめです。

電気関係

ライフスタイルにあわせてコンセントを十分に作っておくことが大切です。家具やテレビの設置場所だけでなく、キッチン家電を使う場所や携帯電話の充電スペースなど、具体的にイメージして決めましょう。充電式の家電製品はどんどん増える傾向にあるため、収納の中にもコンセントを作っておくと便利です。照明の位置や種類も手を抜けません。玄関には人感センサー、くつろぎスペースには調光機能、机の位置を変えるかもしれないなら照明を移動できるダクトレールタイプにするなど、細部まで工夫を凝らすと快適に暮らせます。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。一棟一棟断熱測定も必ず行っていきます。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31