ブログ

現場進捗写真 出作町②

 

皆様、こんにちは。
アトムアソートの酒井です。

今日も物件の報告です。
前回は遣り方・根切りまででしたが今回は基礎配筋~ベースコンクリート打ちです。

配筋後、第三者機関(JIO)による配筋検査があります。
図面通り配筋出来ているか、鉄筋の空き、かぶり厚さをきちんと確保出来ているかなど細かい検査があり
当然ですがきちんと合格し、コンクリート打ちに入っていきます。

コンクリート打ちはベースと呼ばれるべた基礎部分と立ち上がり部分と2回に分けて施工していきます。
ミキサー車からコンクリート打ちながらバイブレーターで振動を与え空気を抜く作業や
表面をならしたりする作業があります。

これからの時期はそれほどではありませんが真夏のコンクリート打ちはまさに時間との勝負です。
気温が高いとコンクリートが直ぐに固まってしまうので迅速かつ丁寧な作業が求められます。

コンクリートを打ち終わり養生期間を過ぎると型枠のバラシ、建物周りの先行配管と続き、
大工さんによる土台敷きと工程が進んでいきます。

 

関連記事一覧

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31