ブログ

ZEHってなに?エネルギーを効率的に使った快適でお財布に優しい住宅

ZEHは「ゼッチ」と読みます。
Zero Energy House(ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称といえば、ほとんどの方が「あぁ」と思うのではないでしょうか。

今、マイホームを建てようと考えている方であれば、どこに行っても目にしたり耳にしたりする言葉。
最初は「ゼロ・エネルギー・ハウスって言えばすぐ分かるのに」と思うかもしれませんが、あまりにも行く先々で耳にしすぎてすぐに「ゼッチ」という呼び名に慣れてくると思います。

ZEHといえば、太陽光発電で作った電気だけで生活ができるようになるというイメージが強いかもしれませんが、実はこれ、半分正解で半分不正解なんです。
正しくは

自宅で消費するエネルギーに比べ、消費するエネルギーの方が少ない住宅のことを言います。

同じじゃないの?
違いがよくわからない

という方のために、今回ZEHについて少し詳しくご紹介します。

作った電気だけを使うわけではない


まず、大前提としてZEHは太陽光発電によって電気を作ります。
最近では作った電気を貯めておける装置も開発されていて、本当に作った電気だけで生活しているZEHもないわけではありません。

ただ、一般的なZEHは昼間発電した電気を売って収入とし、発電できない夜には電気を購入して生活します。
この収支がプラスとなり、費用を持ち出すことなくプラス収支で生活できる家のことをZEHと呼んでいます。

少しややこしいですが、

創るエネルギー ≧ 消費するエネルギー の家

と思っておけばイメージしやすいでしょう。

太陽光発電をつければZEHになるの?


住宅において「創エネ」となるのは基本的には太陽光発電のみです。
つまり、太陽光発電によって得たエネルギーをいかにうまくやり繰りするかによって収支のバランスは大きく変化します。

ただ住宅に太陽光発電を取り付けただけではまずZEHにはなりません。
もちろん、電気代が大幅に安くなることは間違いありませんが、「創エネ」に加え「省エネ」によって消費電力を軽減させることによって初めてZEHが実現できるのです。

住宅の省エネとなるポイント


省エネは、ZEHとして認定されるためだけでなく、より快適な生活を送りながら支出を減らせるなどさまざまな魅力があります。
そこで、住宅を省エネにするポイントを紹介します。

  • 断熱性能で冷暖房の効率が変わる
  • 気密性が高いと冷暖房の効率がさらによくなる
  • 家のデザインによってエネルギー効率を上げる
  • エアコンや照明などの消費電力を下げる
  • 給湯システムのチョイスによってエネルギー効率を上げる

断熱性能で冷暖房の効率が変わる

断熱とは、家の中の温度を一定に保ち、外との温度差に影響されにくい環境をつくることです。
例えば、冬、暖房をかけた状態にすると室内は暖かくなります。
しかし、外は寒く、家はその外気に晒されているため、全体的には冷やされています。

断熱をしなければ家は外からどんどん冷やされるため、ガンガン暖房をかけて温め続けなければなりません。
これを回避するために、家の壁に「断熱材」を使います。
外の寒い空気と室内の暖かい空気を遮断し、温度ができるだけ外気に影響されにくい状態に保つのです。

外気に影響されないということは、季節によって室内の温度が変わらないということです。
残念ながら100%の断熱性能を保つ家はありませんが、冷暖房によって一度冷やしたり温めたりすれば、少ない消費電力で一定の温度を保つことができるようになるため、断熱性能は省エネに大きく影響すると言えます。

気密性が高いと冷暖房の効率がさらによくなる

断熱と気密は似ているようで少し違います。
断熱は温度を遮断して影響されにくくすることでしたが、気密は中の空気を外に逃さないようにすることを言います。
どんなに断熱性が高くても窓をフルオープンにしていたら意味がありませんよね。
つまり、気密性とは、中の空気を外に逃さないことと、外の空気を中に入れないことを言います。

効果は断熱と全く同じで、中の空気を外に逃さないことによって冷暖房の効率を上げ、温度を一定に保てるメリットがあります。
だから、高気密と高断熱はセットで考えられ、いずれも性能が高いほどエネルギー効率が良い住宅となります。

家のデザインによってエネルギー効率を上げる

注文住宅のことを調べたり、専門家から話を聞いたりしていると「パッシブデザイン」という言葉を耳にします。
これは、家の構造によって冷暖房を使わなくても夏に涼しく冬には暖かい温度を保てるように考えた住宅のデザインのことです。

高気密・高断熱とは言え、冷暖房をつけるということはエネルギーを消費することに変わりはありません。
一方で、使わなくても快適な温度を保てているのであれば必要ないとも言い換えられます。
究極、冷暖房を使わなくても快適な生活ができるのであれば、それが一番の省エネ。
パッシブデザインとは、構造によって快適な環境を作り出し、エネルギー効率を上げる住宅構造の考え方と言えます。

エアコンや照明などの消費電力を下げる

近年「省エネ」のエアコンや冷蔵庫、LEDの照明に買い換えることによって電気代がかなり下げられるという情報を目にします。
家の構造や気密・断熱性によって温度を一定に保てるようにしたとしても、電化製品によって電力を浪費してしまっては意味がありませんよね。
ZEHに欠かせないのは、できるだけエネルギーの消費を抑えること。
そのためには、家の構造だけでなく家電製品のチョイスにも気を配る必要があります。

給湯システムのチョイスによってエネルギー効率を上げる

ZEHのを叶える上で給湯システムのチョイスは欠かせない条件のひとつ。
何故なら、給湯と調理をガスにした場合、ガスの消費割合は給湯8割、調理で2割と言われていて、ガス代の多くはお風呂場で消費されているからです。

ZEHを考えた場合、オール電化にするのか、ガス給湯器を使うのかなど、さまざまな選択肢があります。
電気代で考えるのであれば「エコキュート」と呼ばれるヒートポンプの仕組みは非常に省エネで経済的。
調理もIHクッキングヒーターにすることでオール電化になるので、消費エネルギーを電気に一本化できます。

一方、ガスを使う場合、ガスを使って発電しながらお湯も一緒に作り出すエネファームやエコウィルといった給湯器もあります。
オール電化でなければZEHにできないということはないので、何が最も使い勝手が良いのかを考えた上で給湯器をチョイスことも省エネを考える上で重要です。

さらに、お湯の温度が下がりにくいバスタブを使ったり、お湯の循環をより効率的にすることで消費エネルギーを節約したり。
お風呂場まわりのエネルギーをうまくやり繰りすることも、ZEHの重要なポイントと言えます。

アトムアソートのZEHの取り組み


アトムアソートでは、ZEHに対する深い知識を持ったスタッフが注文住宅の相談に乗らせていただきます。

  • プロバンス風の住宅を建てたい
  • エネルギーの消費量を抑えたエコな家にしたい
  • 太陽光発電をつけるのはお得なの?

など、さまざまな疑問やお悩みを解決することが可能です。
もちろん、ZEHにせず、省エネだけを考えた住宅にすることも可能。
メリット・デメリットなども詳しく説明させていただきますので、お気軽にご来場ください。

ご予約はこちら

関連記事一覧

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930