ブログ

高気密・高断熱の住宅で快適性を上げてコスパを抑える!メリットとデメリットとは?

高気密・高断熱とはどんな家のことを言うのでしょう。
なんとなく「温かそうな家」というイメージがあるのは「高熱」という文字が含まれているからでしょうか。
実際には断熱なので、温かい家のことを表す言葉というのは合っているとは言えません。

高気密・高断熱とは「外の暑さや寒さに影響されにくい家」のことを言います。

今回は、高気密・高断熱のメリットとデメリット、などを紹介していきます。

高気密について詳しく知りたい方はこちら ≫
高断熱について詳しく知りたい方はこちら ≫

メリットは夏涼しく冬温かいこと


よく、鍾乳洞は暑い夏には涼をとれるスポットとして紹介されていますよね。
でも、夏に入ると今度は温かさを感じられる場所になっています。
これは、一年を通してある程度一定の温度が保たれているから。
洞窟は地中にあるため外気の影響を受けず、どんなに強く太陽に照りつけられていても影響を受けにくいのです。

土が熱を遮断してくれるため、外の暑さや寒さに影響されない。
空気が漏れる場所が少ないため、外気にも影響されにくい。
つまり、洞窟の中は最高の「高気密・高断熱」ということになります。

高気密・高断熱の住宅というのは、住宅に同じように快適な環境を作り出すことを言います。

高気密・高断熱はコスパが良い?


夏、冷房で冷やした空気が外の熱気に影響されてどんどん温かくなっていっていたとすれば、冷房は常にフル稼働を続けなければなりません。
逆に、外の空気に影響されなければ一度冷やした空気は温かくなりにくいので一定の温度を保ち続けるだけでよくなります。
高気密・高断熱の住宅はお財布にも優しい住宅と言えるでしょう。

高気密・高断熱ってなんでいつもセットなの?


高気密・高断熱はいつもセットで語られますが高気密とは、空気を閉じ込めておく性能、高断熱とは、熱を遮断する性能のこと。
つまり、ふたつはまったくの別物です。
なのにいつもセットなのは「温度を一定で保っておく」という条件においてはどちらか片方が欠けても成り立たなくなってしまうからです。

住宅では、「家の中を快適に保つ」「コスパをよくする」といった概念から、高気密・高断熱をセットとして考えています。

ヒートショック発生件数No.1は香川県


ヒートショックという言葉を知っていますか?
これは、急激な温度変化に晒された時、血圧が急激に上がったり下がったりすることで脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまうことです。
熱い地域や寒い地域で特に起きていると思われがちですが、実は日本で最もヒートショックが多く発生しているのは香川県。
逆に北海道をはじめとする寒冷地は発生件数が少なくなっています。

どうしてヒートショックは起きる?

主な理由として、家の外から中に入ってきた時ではなく、家の中で発生しているのではないかと考えられています。
北海道をはじめとする寒冷地は住宅の断熱性能が高く、家全体の温度管理がしっかりしているため、どの部屋でも一定の温度で過ごすことが可能です。
一方、香川県ではまだまだ家全体での温度管理がされていない家が少なくありません。

そのわりに、夏は暑く冬は寒いという環境はあり、冬のお風呂では、浴室は寒いけれど浴槽はあつあつといった状況も少なくありません。

高気密・高断熱の住宅でヒートショックを抑制

住宅全体の温度管理をしやすい高気密・高断熱の住宅では、部屋単位ではなく、家全体で一定の温度を保ちやすくなっています。
そのため、大きな温度変化に晒されることがすくなく、ヒートショックの発生を防ぐことができるのです。

高気密・高断熱のデメリットは?


高気密・高断熱のデメリットは、主に結露などによる間接的被害です。
家の中と外の温度差によって発生する結露は住宅にとって切っても切れない関係です。
特に、高気密・高断熱の住宅では結露が発生しやすく、一般的に発生しやすいとされる窓だけでなく、壁の内側など、目に見えないところでも起きてしまうことがあります。

ただ結露するだけなら大きな被害にはならないのですが、湿気によってカビがはえ、不衛生な菌やハウスダストが家の中に充満してしまうことで健康被害にまで及んでしまうことが過去にありました。
現在は住宅の換気や構造によって解決法が考えられているため、大きなデメリットとなることは少なくなっています。

断熱とシロアリの関係性


実は香川県、シロアリ被害の発生件数も全国的に見て多い県なんです。
発生は気候にも大きく影響され、寒冷地である北海道や青森などは絶対数が少ないこともあって被害に遭う可能性自体が低くなっています。
一方、香川県は山が多く気候も温暖。

高気密・高断熱で快適な住環境の家であれば、シロアリにとっても住みやすい家ということになっていて、実際に、断熱材にシロアリが住み着いたという例も発生しています。
家の性能はお金をかければかけるほど上がっていきますが、気候の水準以上に上げる必要はあまりありません。
そちらに気を取られ過ぎて別の必要な部分にへの対策が疎かになってしまっては本末転倒です。
シロアリへの対策をはじめ、地域に合った対策をとっていくことをおすすめします。

高気密・高断熱のまとめ

いかがでしたか?
今回は、高気密・高断熱のメリットとデメリットについてご紹介していきました。
マイホームの快適性を上げ、コストを抑えられる「高気密・高断熱」の住宅は、これから家を建てるなら必要になってくる内容です。
それ以外の対策とも合わせ、予算とも相談しながら住み心地の良い家を完成させてください。

関連記事一覧

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031