ブログ

シンプルモダンなデザインのリビング*家族が集まる温かい空間の作り方

シンプルモダンの家と聞いて、多くの方が最初に思い浮かべるのは外観ではないでしょうか。
グレーなどのモノトーンカラーを基調とた直線的なデザインの家は、スタイリッシュなデザインを好む人が多い現代のハウスデザインの主流となっています。
それに合わせてリビングをデザインしようと思ったら、やはりモノトーンカラーを基調としたスタイリッシュなものにする必要があるのでしょうか?

モデルハウスなどに見学に行けば、当然外観と家の中のデザインはある程度統一されていますよね?
直線的なデザインに彩られたシンプルモダンのリビングは、デザイナーズハウスを彷彿とさせるかっこよさを持っています。
自分が住むことを考えると、どこまでシンプルモダンにこだわるのか、機能性や使い勝手との兼ね合いや、好みをどこまで織り交ぜていくのかなどいろいろと悩んでいる方は少なくありません。

そこで、今回はシンプルモダンの家のリビングについてご紹介していきます。

スタンダードなシンプルモダンのリビング


最もスタンダードなシンプルモダンといえば、直線的なデザインを組み合わせたモノトーンカラーのデザイン。
白い壁を基調とし、黒をポイント使いしていくことでそれらしい空間を演出することが可能です。

テーブルを木製ではなくガラスのものにしたり、床材にウォールナットやブラックチェリーなどを使ってダーク調にすることでさらに深みのある雰囲気になります。
こだわりを持ってシンプルモダンを極めようとすればするほど、デザイン的でかっこいい空間へと進化していきます。
プロバンス風、北欧風のデザインでよく使用される「漆喰やアイアン」との相性も良く、採光や間接照明の陰影をうまく使うことでワンランク上の空間美を作り出すことも可能です。

リビングの条件と求める雰囲気


現代的ですっきりとしたコーディネートは、そのかっこよさからよく雑誌などでも取り上げられ、憧れの的となっています。
ただ、無駄を省いていけばいくほど、そのかっこよさとは裏腹に、住みにくく、生活には適さない環境となってしまいます。
例えばリビングには「家族が自然と集まる、住み心地の良い空間」をテーマにしたいと考える方も少なくありません。

シンプルモダンを突き詰めすぎるとその想いとはかけ離れた無機質な空間となってしまうので注意が必要です。

リビングに温かみを加えるポイント


では、具体的にリビングの雰囲気を柔らかくするためのポイントをいくつかご紹介していきます。
自分たちのイメージとも照らし合わせながら、シンプルモダンを突き詰めていくのか、温かみを加えるポイントを加えていくのかを検討してみてください。

  • 木や柱、梁などをむき出しにする
  • インテリアや開口部にアーチを入れる
  • 間接照明を使って空間を演出する

木や柱、梁などをむき出しにする


木の素材感は、それだけで空間の雰囲気を優しいものにしてくれます。
そのため、柱や梁をむきだしにすることによって壁や天井にも木の雰囲気を感じられるようになり、自然と優しい雰囲気になります。

インテリアや開口部にアーチを入れる


シンプルモダンの家は直線的なデザインが多く、空間に曲線を取り入れることによって変化を加えることができます。
丸い時計、丸いテーブルなど、装飾するインテリアによっても雰囲気をコントロールすることが可能ですが、例えば開口などにもアーチ模様を取り入れることによって、空間の雰囲気をより一層優しいものにしてくれます。

間接照明を使って空間を演出する


照明にも、ひと工夫加えるだけで雰囲気を変える力があります。
例えば、LEDの光は空間を明るく清潔感のある雰囲気に照らし出してくれます。
反対に、白熱電球は暖色系の色を放つため、それだけで空間に温かい雰囲気を演出してくれます。
メインの蛍光灯はLEDを使った明るいものにし、部屋の隅に白熱電球のような雰囲気のある色の照明をいれることで、空間の雰囲気がちょっぴり優しいものになります。

シンプルモダンなリビングのまとめ

いかがでしたか?
シンプルモダンとひと口に言っても、あまり突き詰めすぎるとイメージとは違ったマイホームになってしまうかもしれません。
外観はシンプルモダンな美しいフォルムに、リビングは家族みんなでゆったりとくつろげる優しい空間にと、二面性を持たせることで家族が気に入って生活を遅れる素敵な空間となることは間違いありません。
好みやイメージとも照らし合わせながら、自分たちにとってベストな空間を完成させてください。

関連記事一覧

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930