ブログ

1000万円台、2000万円台、3000万円台、4000万円の家って何が違うの?

注文住宅を考えていく中で、金額は切っても切れない重要な要素ですよね。
予算に合わせてどうやりくりするかがかなり大切になってきます。

では、住まいのグレードが上がっていくといったい何が変わっていくのでしょうか。
今回は、1000万ずつ区切って何がどう違うのかを紹介していきます。

注文住宅にかかる費用の内訳


注文住宅を建てる時、費用は大きく分けて「土地代」と「家の建築費」に分かれます。
2020年現在、香川県は日本の中でもかなり土地が安い地域ですが、それでも街中に一軒家が建つくらいの土地を購入しようと思うとそれなりの金額が必要です。

高松市の土地の平均坪単価は10.5万円程度。市街地から離れた郡部だと平均坪単価7万円程度。
しかし、市街地の人気エリアになると、坪単価は15万円~20万円が相場で、人気エリアはさらに高くなります。
平均的な50坪で考えると、市内なら土地代だけで700万円~1,000万円はかかる計算になります。

土地に妥協できれば費用は抑えられます。
坪あたりの土地代が20万円が10万円になるだけで、50坪の土地代が1,000万円から500万円に。
500万円近く変わってくるとなれば、バカにできませんよね。
ただ、それで交通費が毎月5000円増えるとなると、年間6万円。35年ローンが完済するまで働くとなると210万円。
場合によっては総費用が逆転してしまうこともあるので注意が必要です。

1000万円台|賢く費用をおさえた家


「予算は少ないけれど、早くマイホームを持ちたい」
という方の憧れを叶えてくれるのが「低コスト」の住宅です。

1000万円前後で家を建てるとなると、さまざまな工夫が必要になります。
壁や屋根など、さまざまな材料を工夫し、家の形も凹凸を少なくすることで費用を削減することができます。
また、構造をシンプルにすることは材料費だけでなく施工の難易度も下げるので、建築日数を減らすことができます。
すると、人件費も削られ、より安価で住宅を完成させることが可能になります。

住む期間のことを考えよう

できるだけ安い予算でマイホームをと考えるのは、若い世代に多く見られます。
注意したいのは住む期間が長いということ。25歳でマイホームを持って80歳まで住むと考えた時、50年以上住む計算になります。
費用を抑えて安くした分、耐久性が低く、短いスパンで定期的な補修が必要になるとすれば、長い目で見ると維持費の負担増ということもあるので、将来的な維持・管理のことまで考えた上で検討することをおすすめします。

2000万円台|こだわりポイントを考えた家


どこに予算をかけるかをしっかりと吟味していけば、2000万円のマイホームは決して夢ではありません。
1000万円台に比べるとかなりこだわりを取り入れることが可能となり、希望をいろいろと叶えたくなる金額でもあります。
そのため、あれもこれもと考えていると気がついたら予算オーバーになってしまうのも2000万円台の特徴のひとつと言えます。

家族でしっかりと話し合い、何にお金をかけたいのか、どこは安くても良いのかをしっかりと考えていきましょう。
お風呂の機能を充実させたい、最新のシステムキッチンを取り入れたい、収納の多いウォークスルークローゼットがほしいなど、設備へのこだわりも必要ですが「夏は涼しく、冬は暖かい」快適な家づくりには「住宅性能」を高めるこだわりも重要となります。
そのため、住宅設備と住宅の構造とのベストバランスを見つけることが、2,000万円台の家づくりで悩むポイントと言えるでしょう。

家具や家電の買い替えも視野に入れて

家を新築にすれば当然家具や家電も買い替える必要が出てきます。
吹き抜けのリビングに今まで通りのエアコンを使用するとその効力が発揮できないかもしれません。
逆に、備え付けの収納を増やすことで家具を購入する費用が抑えれることもあります。
家にかけるお金と家具・家電の費用のバランスを考えることで上手にやりくりしていきましょう。

3000万円台|ある程度自由に好みを選んだ家


全国的に見ても、3000万円台の家は求めるグレードや広さ、設備や建築資材をある程度自分の好みで選ぶことができる価格帯です。
壁には漆喰を使って、床には無垢材を使って。
キッチンやバスルームには最新の設備を設け、外壁は耐用年数が長い素材を用いる。
こまかい部分にもこだわりつつ、ある程度の広さが実現できるのが、3000万円台の注文住宅です。

とはいえ「とりあえず全部最高級の物を」というような安易な思いで家づくりを考えてはいませんよね?
選べる幅が広く、1つひとつを吟味して決めていくため、建築プラン・仕様を決めるまでにかなり時間がかかるのも特徴のひとつ。
まずは工務店やハウスメーカーのおすすめも聞きながら、なぜそれが良いのか、他におすすめはないかといったものも含めて吟味していきましょう。

こだわりの方向性をしっかりと考えて

できることが広い分、自分達が何を重視したいのかを考え、実現しやすいのも3000万円台の家の特徴。
どんなライフスタイルにしたいのかを考え、家の見た目だけでなく、家族の生活もデザインしていきましょう。

4000万円台|とことんこだわった家


マイホームにこだわりをとことん入れ込むと、4000万円台になることもあります。
例えば、家に事務所を併設させたい。中庭のある家がほしい。自然素材をふんだんに使った家にしたい。防音設備の整ったシアタールームがほしいなどなど。
こだわりが強ければ強いほど、金額は上がる傾向にあり、逆を言えば「4000万円台の家を建てよう!」と思ってマイホームを検討する人はほとんどいないでしょう。

こだわりをいろいろと取り入れていたら結果的に4000万円を超えたという方がほとんどではないでしょうか。
予算に余裕があり、こだわりを叶えたいと考えているのであれば、ぜひ検討してみてください。

まとめ

いかがでしたか?
金額を1000万円で区切ってマイホームのグレードを考えてみました。
費用自体は素材や広さ、設計などに影響されることが多いですが、大切なのは家づくりのことを知らずに立てるのではなく、分からないことは笑顔でどんどん質問しつつ、納得のいく住まいを計画した予算内で実現することです。
失敗も後悔もしない家づくりのために・・・。
気になることがあれば、ぜひ一度相談に訪れてみてください。

関連記事一覧

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930