ブログ

気密測定結果公開!

 

皆様、こんにちは。
アトムアソートの酒井です。

最近ブログを再開しましたが内容を主に2つに分けました。
1つは現場の進捗写真、もう一つは会社の取り組みや業務に係る内容にしていくつもりです。
今日は会社の取り組みに関する内容、気密測定についてです。

 

気密測定とは家全体でどれだけ隙間があるかを機械で測定するもので
最近よく聞かれる高気密・高断熱住宅に大きく係る数値(C値:小さいほど良い)です。
気密測定にはこんな機械を使います。

気密測定

 

この機械で家の中の空気を強制的に排気することでどれだけ隙間があり、空気が入ってきているかが分かります。
その為、事前に隙間が出来そうなところは気密処理をしていく必要があります。

 

柱気密処理

床気密処理

このように1階の柱と床の隙間や床合板の継ぎ目などに気密テープやウレタンを吹いて隙間を埋めていかなければいけません。
また水道の配管や電気の配線も外部から引き込んでいる為、
基礎や壁の穴もふさがないと数値が悪くなってしまいます。

一通り処理を終えると機械で空気を押し出しながら処理が甘い所や出来ていない場所を追加で処理をしていきます。
このタイミングで気密測定を行うのは隙間が分かり易く処理がすぐに行える為です。
完成後にもう一度測定をしますがその時には隙間をふさぐのが難しくなるためこのタイミングでの測定は重要です!

 

そして本題の数値(C値)ですが・・・

0.5㎠/㎡!!!

 

非常に良い数値が出ました!
一般的に気密住宅と呼ばれる住宅のC値は2.0㎠/㎡以下と言われています。
弊社としてもこの数値以下を目標としておりますので良い結果で安心しました・・・
ただこの結果に満足することなく0.4、0.3を目標に今後も取り組めればと思っています。

 

高気密・高断熱 + パッシブデザインの住宅を検討している方は是非アトムアソートまでご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

 

関連記事一覧

関連記事はありません。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31