安全

家づくりに大切な事。
「地盤」「基礎」「躯体」の3つの要素、それぞれに対して、
経験豊富なベテランスタッフが、
充分な知識と経験を元に工夫を施して行いますので安心安全です。

地盤調査で家を支える地盤の強度を調査


スウェーデン式サウンディング試験を行います。先端がキリ状になっているスクリューポイントを取り付けたロットに荷重をかけて地面にねじ込み、25㎝ねじ込むのに何回転させたのかを測定します。測定箇所は建築予定建物の四隅と中央を測定します。
これから先、大切な家をずっと支え続けてもらう地盤なので、目に見えない部分でも強度に対しては最大の注意が必要です。

ベタ基礎は最大限の安全基準を


ベタ基礎とは、基礎の立ち上がりだけでなく、底板一面にも鉄筋が入り家の荷重を面全体で受け止める基礎のことです。地面から上がってくる湿気を防ぎシロアリの侵入も防ぎます。
建築基準法においては、鉄筋の太さは10mm、ピッチは30cmですが、アトムアソートの強さのこだわりは、鉄筋の太さは13mm、ピッチは15cmと安心をお届けしています。

耐力壁で横からの負荷にも強く!


耐力壁とは、地震や風などの横からの力に抵抗する能力を持つ壁のことです。各階ごとに壁量計算をし、所定量の耐力壁を設置することが義務付けられています。
耐震性や耐風性に優れた家にするために柱間に筋交いを金物で固定したり、構造用合板やMDFボード類を固定するなど全体にバランス良く配置し強い家に仕上げていきます。

構造用金物で建物の強度をアップ!


土台と柱や柱と梁などを連結するこの金物が家の強度において重要な役割を果たします。昔のような大工さん加工ではなくコンピューター入力により構造材加工するプレカットになり、寸分も相違なく組み立てて連結金物で固定します。
必要な個所に必要な金物を使用し強度を増します。

断熱材によって夏涼しく冬温かい住環境に


夏は涼しく、冬は暖かく、心地良い住まいには欠かせない素材です。
断熱材は大きく、無機繊維系、発砲プラスチック系、天然素材系の3つに分けられます。アトムアソートではどの素材も取扱い可能です。
すき間なく動かないよう固定し断熱効果を高めます。

独自の検査項目でより精度の高い家づくりを


行政の検査項目は当然ですが、アトムアソート自社において、各工程に合わせた厳しい検査項目を実施しています。
より精度を高め安心していただく家づくりを心がけています。お客様にも施工計画のご説明を兼ねた検査同行をお願いする場合もあります。ご協力くださいますようお願い申し上げます。