ブログ

自然素材をふんだんに使用した家族が健康で過ごせる住まい

M様邸は室内外に本漆喰、床材には無垢材を採用しています。
弊社の特徴である自然素材を使用、パッシブ設計を元にお施主様がじっくり設計を検討された住まいです。

M様邸の基本情報

所在地 丸亀市
構造 木造2階建て
規模 1階:78.66㎡(23.79坪) 2階:65.41㎡(19.78坪)
延床:144.07㎡(43.58坪)
期間 建築期間5ヶ月

M様邸について

丸亀市漆喰の外壁
M様は御友人がアトムアソートで家を建てていることもあり弊社の家づくりに興味を持っていただきました。
見学会にて漆喰壁と無垢床による空気の違い、床の暖かみに驚かれ子供が健康に育つのでは、と思われたそうで
お家を建てて頂く運びとなりました。

階段下には・・・?

半地下のある住まい

一見するとただの階段のように見えますがよく見ると・・・
?何か下へ続いています。

丸亀市半地下のある住まい

!地下への入口が・・・
中に入るとこんな感じ。

半地下のある住まい和室の下が丸々収納スペースに!
部屋の高さはあまりありませんが収納容量としては十分!
半地下内の高さを確保する為に基礎を下げ、部屋の床を上げています。
半地下になると部屋が地面より低くなるので湿気や水が入ってくるのでは・・・と気になりますが
しっかりと防水処理をし、部屋内には換気扇を設けているのでその心配もありません!
小屋裏や基礎下は基本的にはデッドスペースになりがちですが
工夫することで有効活用出来る部屋になるのでおススメです!

トイレの壁にはホーローパネルを

トイレのホーローパネル

トイレの壁は上半分は漆喰、下半分はホーローパネルを貼っています。
トイレの壁には知らず知らずのうちに汚れが付いているもの・・・
クロスなどでは時間が経つと汚れが染みついてしまいお掃除が大変になってしまいます。
ですがホーローならば表面がガラス質になっているため、汚れが染みこまずお手入れも簡単!
傷や臭いも付きにくいので水周りには最適で、キッチンパネルにもよく採用される商品です。

大容量の収納スペース

大容量の収納庫

キッチン横には収納庫を設けています。
可動棚になっているので高さ、数も収納するものによって変更可能です。
食料品の備蓄から日常用品置き場など、あれば非常に便利なお部屋ですね。

弊社の特徴「アーチ壁」と通風窓

漆喰のアーチ壁と通風窓

別の記事でも書きましたが漆喰とアーチ壁は施工性が良いです。
垂れ壁には積極的にアーチ壁を採用しています。
他社さんではあまりお見掛けしないかも・・・
ドアの上に設けたのが通風窓。
各部屋の温度差を小さくするためで開け閉めすることで温度調整が可能です。
少ないエアコンでも温度差のない夏は涼しく、冬は暖かい住まいづくりを目指しています。

まとめ

ご紹介した以外にもキッチンを中心とした家事動線。
奥様の趣味のピアノ室、御主人の書斎と各々のリラックスできるスペース。
内装の色にもこだわり北欧風のかわいいデザイン・・・etc
随所にこだわりのあるM様も納得の住まいとなりました。

関連記事一覧

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930