ブログ

生活動線を重視し、スペースを有効活用した住まい

T様邸は室内に本漆喰とエッグクロス(卵の殻を使った自然素材で漆喰に似た効果を持つ)、
床材には無垢材を採用したお家です。
弊社の特徴である自然素材、特にパッシブ設計をしっかりと取り入れています。

T様邸の基本情報

所在地 高松市
構造 木造2階建て
規模 1階:59.62㎡(18.03坪) 2階:52.99㎡(16..02坪)
延床:112.61㎡(34.06坪)
期間 建築期間5ヶ月

T様邸について

高松市シンプルモダンの外観
A様邸のイメージはずばり海!
外壁に青系統色を使用したり、照明にも船舶で使用されるマリンランプをデザインした照明を採用しました。
内装もシンプルなデザインに揃え、今時のシンプルモダンテイストに仕上がりました。

廊下のない間取り

無垢材の床と漆喰の壁
1階はホールからリビングへ入ると廊下がありません。
階段を部屋の真ん中に取ることでリビングとダイニングキッチンを分離しつつ、
不要なスペースを極力減らしました。
洗面所には物干しスペースとなるテラスへ直接出られる位置に配置し、洗濯が終わればすぐに洗濯物を干せるようにしています。
テラスは木の板で目隠しをし、光と風は入れながらも目線は隠せるようにしているので
洗濯物は外に干したいけど急な雨や人の視線が気になる・・・というような共働きの家庭におススメです!
こういったことで生活動線も短くなり無駄な移動も少なくなりますね!

ストリップ階段で部屋を明るく

ストリップ階段

LDKの真ん中に設けた階段はストリップ階段と呼ばれる蹴込部分を無くした階段にすること
+ 正面に窓を設けることで部屋の中にありながら明るい階段にすることが出来ました。

壁の一部を木にしてアクセントに

壁 木板貼り
リビングの一角にはスタディーコーナーを設けました。
書斎にするも良し、家事コーナーでも良し、お子様のリビング学習にもパソコンをするのでも
いろいろなことに使えるスペースです。
正面には木を貼ることで白い壁の中で木目という良いアクセントになっていると思います。
(ちなみにここの照明が冒頭でご説明したマリンランプ風の照明です。)

吹抜けと高窓

吹抜けとオーニング窓

階段を上がりきったところにはフリースペース。
ピアノなどの楽器を置いたり、写真の様にサーフィンのボードを飾ったりと
リビングのスタディーコーナーの様に様々な用途に使えます。
フリースペース横、リビングの上は吹き抜けになっておりパッシブ設計の一つである
室内の温度差を小さくするような工夫もしています。
吹抜けを通してエアコン等の暖冷房器具の効果を家全体に巡らせ、電動式の高窓を設け
夏は暑い空気を排出し、冬は日光を取り入れリビングに日が落ちるようになっています。

大容量の小屋裏収納

小屋裏収納
約10畳もある大容量の小屋裏収納。
天井高は1.4mまでしか取ることは出来ませんが物置としては十分ではないでしょうか?
固定階段で上がるようにしているので昇り降りも楽で、大きな荷物を運ぶ時も安心です。

まとめ

シンプルなデザインと無駄を省き、スペースを有効活用した住まい。
室内のニッチなどは外観と合わせて将棋の駒のようにしてデザインの統一をしています。
もちろん長期優良住宅認定とBELSを取得し、ご家族が長く、安心して暮らせる住まいとなっています。

関連記事一覧

関連記事はありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930